撒き餌レンズw CANON EF50mm f1.8 STM 単焦点!

EF50mm f1.8単焦点レンズをマウントアダプターを介してEOS M6に取り付け
Pocket

撒き餌レンズで有名な『EF 50mm f1.8 STM』。

EFレンズの手始めとしていってみましたよw。

EOS M6のAPS-Cに付けると35mm換算80mm。

80mmがどんなのか気になりますねぇ~w。

では早速っ!。


 

レンズ購入レポ。

 

 

EOS M6でEFレンズが選べるの?!

今回ご紹介のレンズはEFレンズです。

筆者が持っているEOS M6はEF-Mのレンズしか取り付け出来ません。

 

じゃあなんでEFレンズ買ったの?!

ってなるんですがEF-Mレンズしか取り付け出来ないEOS M6にマウントアダプターなる物を取り付けるとEFレンズが付けれるようになるんです。

これですね。

 

まー、みなさん知ってますかね(笑)

でもカメラ弄り始めたころの筆者はなんのこっちゃだったんですよね。

カメラも色々あるし、レンズも色々あるし。。。

 

そんなマウントアダプター。

あるきっかけで手に入れた事から今回のEFレンズ購入に至りました。

 

EOS M5&M6 キャッシュバックキャンペーン。

マウントアダプターを手に入れたあるきっかけとはこの『EOS M5&M6 キャッシュバックキャンペーン』です。

EOS M6を買ったときにやっていたキャンペーンで、EOS M6ボディを購入の場合は3000円のキャッシュバック。

さらに応募者全員がバッテリーかマウントアダプターを貰えるw。

 

バッテリーは、微妙に壊れたEOS M3用のCANON純正が1つ余っているのでマウントアダプターにしました。

 

市販されてるマウントアダプターは三脚座があるんだけど、キャンペーン品はないそうです。

 

そして2018年3月あたまぐらいに届きましたよ。

 

Canon レンズマウントアダプター EF-EOSM(キャンペーン品)

届いたマウントアダプターです。

以外に小さいw。

EOS Mマウント用EFマウンドアダプター

 

説明書も入ってます。

EOS Mマウント用EFマウンドアダプター

 

マウントアダプター本体です。

EOS Mマウント用EFマウンドアダプター本体

 

三脚座は無いけど、三脚が取り付けできるネジ穴はあるんですね。

三脚座だけ売ってたりするのかなぁ?!

EOS Mマウント用EFマウンドアダプターのカメラネジ

 

EF-M 22mm単焦点よりも厚みがあるかなぁ?!

EOS Mマウント用EFマウンドアダプター本体

 

でもレンズは無くただの筒ですw。

EOS Mマウント用EFマウンドアダプター本体

 

EOS M3に取り付けるとこんな感じです。

この状態で写真って撮れるんですかねぇw?!

EOS Mマウント用EFマウンドアダプターをEOS 3に取り付け

 

さてさて、前振りのマウントアダプターの話も終わったところで本題にいきますよw。

こちらっ。

 

CANON EF50mm f1.8 STM

流石にレンズだしキャンペーン品ではないのでマウントアダプターと箱のデカさが違う(笑)

EF50mm f1.8単焦点レンズの箱

 

当たり前だけど、こちらにも説明書が入ってます。

EF50mm f1.8単焦点レンズの開封

 

取り出すと。。。

EF50mm f1.8単焦点レンズの開封

 

こんな感じです。

EF50mm f1.8単焦点レンズ本体

 

マウントアダプターよりはデカいっすね。

でも一眼レフのレンズの中では小さい方なんでしょうね。

EF50mm f1.8単焦点レンズ本体

 

EOS M6に取り付けてみました!。

やはり筆者のメインカメラEOS M6に付けてみない事にはにはねぇw。

EF50mm f1.8単焦点レンズをマウントアダプターを介してEOS M6に取り付け

 

そんなに大き過ぎずカメラって感じがして良い気がしますw。

EF50mm f1.8単焦点レンズをマウントアダプターを介してEOS M6に取り付け

 

よくEF-M22mmを付けていたのですが、コンパクトで携帯性は良いけどカメラ感が無くてオモチャ?!って感じがしてたんですよね。

もちろんEF-M22mmは小さいけど綺麗な写真が撮れるから好きなレンズなんですけどね。

 

でもこっちのEF50mmの方がカメラとしてのやる気が感じられます。

良くわからない感想ですね(笑)。

でもこういうのって気分の乗りが変わってきますよねw。

EF50mm f1.8単焦点レンズをマウントアダプターを介してEOS M6に取り付け

 

AF、MFの切り替えがカメラ本体では無く、レンズについているレバーで切り替えです。

これが今までのEF-Mレンズとは異なりますね。

EF50mm f1.8単焦点レンズをマウントアダプターを介してEOS M6に取り付け

 

どうです?!

カメラって感じするでしょ(笑)

EF50mm f1.8単焦点レンズをマウントアダプターを介してEOS M6に取り付け

 

さっそく試し撮りしてみましたよw。

GENTOSのヘッデンがあったので試し撮りに。

 

おー、さすがに安いレンズだけどそこそこ綺麗と言われている単焦点レンズだけありますねぇ。

EF50mm f1.8単焦点レンズで試しに撮影

 

それとEOS M6のAPS-Cに取り付けたので50mmが35mm換算80mmの画角になります。

自分が持っているレンズだとこれが一番近いのかな?!

でもEF-M15-45より綺麗に撮れている気がしますね。

単焦点レンズだし。

 

こんだけ近くに寄る事も出来ます。

ギアのレポには良さげですよw。

EF50mm f1.8単焦点レンズで試しに撮影

 

ちょっと引いて部屋の風景も。

散らかっている部屋全体が映らないから好きかも(笑)

ギュッとその部分を見つめたような写真になる?!80mmの画角良いですねぇw。

EF50mm f1.8単焦点レンズで試しに撮影

 

EF50mmで色々撮ってみましたw。

あの~、筆者の腕なのでイマイチなのはご勘弁ですけど、参考程度にEF50mmで色々撮ったの載せてみます。

 

こういうのってポートレートって言うんですかね。

50mmレンズの35mm換算80mm良いなぁ。

綺麗な写真が撮れた気がします(笑)

田代運動でデイキャンプしたときに遊んだ中津川

田代運動でデイキャンプしたときに遊んだ中津川

 

ちょっと引いて風景。

こんな感じです。

風景なんですが、これって感じになりますねw。

田代運動脇の河川敷で花見デイキャンプした時の桜並木

田代運動脇の河川敷で花見デイキャンプした時の桜並木

 

おまけでさくらのアップw。

田代運動脇の河川敷で花見デイキャンプした時の桜

 

物撮りっていういのかな?!

ギアを撮ってみました。

Coleman SPEED MASTER 500に乗せたモンベルアルパインケトル0.9L

 

後ろのボケも、筆者の写真にはあまりない感じですね。

お洒落キャンパーさん的な写真です!(笑)

Coleman SPEED MASTER 500に乗せたモンベルアルパインケトル0.9L

 

これも物撮りになるのかなぁ?!

レポート写真?!

壊れたシリンダーヘッドの写真です。

レストアとかDIYの時でも使えそうなレンズですね。

78ランドクルーザープラド1KZエンジンのエンジンヘッドヒビ割れ

78ランドクルーザープラド1KZエンジンのエンジンヘッドヒビ割れで交換した古いエンジンヘッドのグロープラグ

78ランドクルーザープラド1KZエンジンのエンジンヘッドヒビ割れで交換した古いエンジンヘッド

 

いや~、EF50mm f1.8 STM 良いですねぇ!

撮ってて楽しいっすw。

これが売られているCANON EFレンズの中で最安レンズ?!って凄いですね。

流石、撒き餌レンズですね!。

 

ちなみにCANONの撒き餌レンズはマウントの違いがあるにせよ、こんな感じだそうです。

この手が届きやすい価格帯が狙いなんでしょうねぇ~、やるなぁCANON。

 

 

その後、筆者のEF50mmはレンズフードも付けてこんな感じになりましたw。

EF50mmをEOS M6に取り付け

 

そしてレンズ沼へ。。。?!

 

レンズ沼とは

レンズ沼(れんずぬま、英語: lens swamp / lens numa)とは、(ライカなどの)レンジファインダーカメラ、一眼レフ、ミラーレス一眼などの交換レンズを次々に購入してしまう趣味を言う。

レンズ沼とは、写真・カメラを愛する人々の誰もがかかる可能性のある精神疾患の一種である。
重度になると、本人のみならず、家族の経済状態にまで悪影響を及ぼす可能性もある。

引用:レンズ沼とは | レンズ沼の意味 【ライカM240購入ガイド】写真用語辞典

 



にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

6件のコメント

  1. ボクも前の型のん持ってますけど、今レンズは良いですよね。
    でもボクのはそんなに近寄れない気がします。
    モデルチェンジで変わったのかな…

    川の反射の玉ボケもキレイですね^^

    でも沼って恐ろしいですよね〜w

    1. ediさん

      コメントありがとう御座います~!

      このEF50mmは安いけどみんなが良いっていうの分かりますね~。

      前の型の「EF50mm F1.8 II」からの進化点に
      最短撮影距離の短縮
      ってありましたね。
      10cm短くなったそうですよ。

      玉ボケ初だったんですけど、自宅でデータで見て気が付きましたw。
      玉ボケの練習もしたいですね。

      ホント、沼って恐ろしやです。

  2. こんばんは(^ ^)

    買いやすいレンズでキヤノンのユーザーにして、
    沼にズブズブとはめようという戦略ですね〜
    キャンプ用品で言うと、スノーピークのアメニティードームですねw

    周りがボケるギア写真、良いですね。
    風景もこれだけ綺麗に撮れたら、このレンズだけでも十分だと思いますが、
    実際買うと色々やりたくなるんでしょうね〜w

    1. みーこパパさん

      コメントありがとう御座います~!

      アメニティードーム!、まさにそれですね(笑)
      スノピのショップに行くとアメド安いよなぁと良く思います。
      そう言えば新作のヴォールトも撒き餌テントでしたねw。

      ボケのギア写真も、風景も自分にしては良く撮れてますね。
      なんですがそこはやはり沼なんでしょうねぇ~。
      ファミ用テントにソロ用テントにULテントにお洒落なコットンテントに。。。
      って感じでしょうかね(笑)。

  3. こんにちは。

    えーと、これはフルサイズ移行への布石ってことかな(笑)ボディ沼?

    これなら星景じゃなくて星座狙いでもいいかもしれないですねー。楽しみ。

    1. Egnathさん

      コメントありがとう御座います〜!

      フルサイズですかw?!
      APS-Cが好きなのでフルサイズは無いっすねぇ。
      今のところは(笑)

      ボディ沼ってレンズ沼より大変そうですけど(笑)

      星座狙いって新しい?!っすね。
      12星座制覇したら面白いかもしれないです!
      チャレンジするにはちゃんと星座が分かるようにならないとですねw。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。