写真をあれこれ弄ってみる。

菅沼キャンプ村の朝日
Pocket

ミラーレスのカメラがうちに来たのが2016年10月。

使い始めて半年ちょっと。

Rawデータでの保存もたまにしてはいたのですが「現像」とか全くやらず。。。

先日のカヤックキャンプの写真を切っ掛けにRawデータで色々と弄ってみました。

では早速っ♬


 

みなさん、Rawデータ使ってます?!

一眼レフ、ミラーレスとか持っている方はみなさん使ってるんですよね「Rawデータ」。

筆者は保存形式に使った事があるけど、Rawデータを使って画像編集とかやった事がなくて。

基本的に写真でやる事は、jpegで保存されている写真の明るさを変えるとか、切り取るとか、ぼかしを入れるぐらいかなぁ(笑)

 

気にはなってたんですよ「Rawデータ」

 

でも素人は下手に手を出しちゃいけない領域のような気がしていて(笑)

カメラに付いてくる編集ソフト「Digital Photo Professional 4」も買ってから半年以上経ってからのインストール(汗)

 

先日行った菅沼キャンプ村でのカヤックキャンプの写真が思った以上に良く撮れていたのもあり、弄くっていたら楽しくなったので写真をアップしてみようと思います。(笑)

 

何時もの記事以上に、写真ばかりに。

というか、写真だけになります。

 

ちなみにRawデータの調整方法など記事を書けるほどのスキルは全く無いです。

どう調整して現像するのがベストなんでしょうね?!

 

とりあえず、前振りは以上で、見てみましょう(笑)

 

 

弄くってみた写真です。

リヤカー

細部までボケが少なく綺麗に撮れているのは筆者としては珍しく、リヤカーの重厚感?!が気に入ってますw。

菅沼キャンプ村のリヤカー

SS 1/125秒 f/4 22mm ISO 100

 

林間のテントとタープ

これは娘とテント・タープのアングルが好きな感じです。

他は。。。ないなぁ。。。(汗)

菅沼キャンプ村でノースイーグルのコットンワンポールテントとオクタゴンBIGスクリーン480タープを設営

SS 1/160秒 f/5.6 15mm ISO 2000

 

霧雨の菅沼

周りが暗いのが重みがある感じに見えるのと、プラス、娘のカッパのビビットな色合いが気に入ってますw。

霧雨の菅沼キャンプ村を散策する、緑がとても綺麗です。

SS 1/80秒 f/11 26mm ISO 2000

 

炊事場

これもアングルが好きです。

伏見稲荷大社の鳥居のイメージ?!(笑)

ちょっとボケてる?!、もう少し細かく撮りたかった。。。

パンフォーカスって事ですよね?!(汗)

SS 1/13秒 f/11 41mm ISO 2000

 

吊りランプ

これも筆者にしては細部までボケが少なく綺麗に撮れているのが気に入ってますw。

f値も上げて撮っているし。

SS 1/13秒 f/11 39mm ISO 2000

 

靄に包まれている菅沼

暗いのが幻想的な感じに撮れているのが好きです。

なんですが当初はただの記録写真として筆者は認識。

Egnathさん、いたちさんと、うちのかみさんにいいねと言われて気が付く。。。

あ、確かに綺麗(笑)

SS 1/40秒 f/4 15mm ISO 5000

 

夜のテントサイト

初めてちゃんと撮った夜のテント写真。

手前の樹まで明るくなっているのが気に入ってるんですが、

テントもタープも白過ぎ。。。緑のテントに、緑のタープですからね。。。

こういう場合ってどうすればいいのかなぁ?!

あと、もうちょっと細かく撮りたかった。

ん~、なんかボケてる?!滲んでる?!。。。

菅沼キャンプ村の夜のキャンプサイト、テント・タープ編

SS 30秒 f/3.5 15mm ISO 8000

 

山の朝

太陽の光条とゴーストがお気に入りw。

パキッとした色合いにしたのも好きな感じです。

SS 1/100秒 f/22 15mm ISO 100

 

カヤックで上陸

水が澄んでいる様子と緑の樹の感じが好きですが、もっといいアングルがあったはず。。。とちょっと後悔(汗)

湖っぽく無い所がいいなぁ(笑)

あいにくの曇り空での菅沼でカヤックの上陸

SS 1/400秒 f/5 15mm ISO 100

 

日光白根とアイスクリーム

遠、中、近を入れて圧縮効果を活かして撮影。

と書いてみましたが何となく良さそうな感じだったので撮ってみただけです(笑)

思ったより良く撮れたので気に入ってますが、狙って撮れるようになりたいなぁ(笑)。

菅沼キャンプ村の向かいのお土産屋さんでアイスクリーム

SS 1/250秒 f/5.6 37mm ISO 100

 

色々と書いてみましたが。。。

素人が色々と書いてみましたが、え、何それ?!的な事も書いてるかもしれませんので(汗)

全体を通して濃いめな感じの写真となりました。

多分、印象に残るようにと考えた結果かな。

そんな写真ばかりなのでちょっと見ていて疲れるかもしれないですね。

自分は疲れるだろうなぁと思いました(汗)

でもこういう記事書いてみたかったんですよね(笑)

 

今はこんな感じですがそのうちさりげなく綺麗な写真が撮れるようになるのかな?!(笑)

また、8割は偶然の写真かなぁと思うので狙って撮れるようになりたいです。

 

写真の道は険しい(笑)

 

今回使用しているカメラです。

CANON EOS M3

生産終了してしまったみたいですね。

 

レンズです。

EF-Mレンズの標準ズームレンズ

 

 

 



にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

10件のコメント

  1. こんにちは。
    私も「パンフォーカス」の写真は好きです(笑)

    テントの写真は、露出オーバーですね。
    滲んで見えるのは、テントの灯りが飽和して、まわりに影響しているためです。
    (絞り開放で青空と太陽を撮っても、太陽本体が見えないのと似た現象です)

    ただ、このシチュエーションだと、灯りがテントしかなく、光源そのものになっています。
    ですので、テントに合わせて適正露出にすると、今度は周りが真っ暗になると思います。

    外に1個ランタンがあるとか、月明かりがあると変わってきますが、なかなか難しい所ですね。

    1. zero21keiさん

      コメントありがとう御座います~!

      何故か菅沼カヤックキャンプから「パンフォーカス」が気になりますw。
      自分は変な癖?!でf値は大体最小を設定する癖があるんですよ、f/3.5とかf/4とか。
      なんでなんでしょうね?!(笑)
      f値を最小にセットしてISOで明るさを調整してSSを少なくして手振れを防ぐ的な感じですw。

      でも今回はあえてf/11とか全体にピントが合った写真を意識して数枚とってみました。

      ボケが飽きた?!もあるかもしれませんがw、
      kさん、へりさんをはじめとする綺麗な写真を撮るブロガーさん達の写真の共通点として感じている事があって。
      それが「透明感」なんですよ。
      色の濃い薄いではなくて。。。

      自分の写真にはその「透明感」が無いんですよね。。。
      なんかモヤっとしているというか。。。
      で、その「透明感」はピントなのでは。。。と思ったので試しにやってみました(笑)

      今回並べた写真の中で一番「透明感」があると思っているのは「リヤカー」なんです。
      何故そう思うか。。。
      一番手前のリヤカーから一番後ろのリヤカーまでピントが良く合っているからかなぁ。。。なんて思ってます。
      でもf値はf/4なんですけどね(汗)

      認識出来ていない何かの要素があるんでしょうね。。。難しい。。。

      テント写真はあまり綺麗に撮れた写真ではないですよね(汗)
      綺麗じゃないのは分かっているのですが、どちらかというと初めてやってみた記念的な(笑)

      手前の樹の際がうっすら光を受けているのを残しつつ、何のテントが何なのか分かるように撮りたかったですw。
      kさんから頂いたコメント通り、テントに合わせてやってみたりもしたけど周りが暗くなってしまって。。。(汗)
      実はこれに格闘1時間ぐらい、ランタンの数を減らしたり、ランタンを半分タープ内で半分タープの真後ろにとか、色々やってみたのですが現場ではあれが限界でした。
      でも良い経験になりましたねw。

      >外に1個ランタンがあるとか、月明かりがあると変わってきますが、なかなか難しい所ですね。
      これをヒントにまた考えてみます!。

      多少なりともRawデータを弄る事を始めたから
      蛍写真の様に別で撮って合成もありなのかなぁとも。
      現場では1発で撮れるように考えて、編集では思い描く絵が作れるように。
      ですかね?!

      コメが長くなってしまいましたが。。。
      改めて、写真って難しい~(笑)(汗)

  2. こんにちは。
    色々ありますが、長くなり過ぎちゃうので「透明感」についてだけです。

    「シャープな写真」には当然「ピント」が大切です。
    というのは、ピントが合っていないと話が始まりませんから(笑)

    ただ、takuさんが感じておられる「透明感」と言うのは多分、写真で言う「抜けの良さ」のお話だと思います。

    写真がシャープに見えて色乗りが良い状態というのを「抜けが良い」といいます。

    写真の「シャープさ」はピントが合っている事も重要ですが、もう一つ、「陰影の濃さ」も重要です。
    「陰影」とは、黒い色は黒く、白い色は白くなる事で、これがないと、写真がホワッとしてしまいます。

    例えば、「鉄の丸い棒」を横とか斜めから撮るとします。
    その際、光が当たっているところが「白」で、当たっていない所が完全な「黒」となっていると、丸い棒の場合は、光が回り込こむので、その間が白から黒へ「グラデーション」になり「シャープな鉄の棒」のイメージが出来あがります。

    しかし、これの「黒」の所が「白っぽいグレー」になると、「グラデーション」の変化の量が減って、印象としては「ふわっと」なりそうですよね。
    ですので、「コントラスト」がしっかりしている写真は「抜けが良い写真」となります。

    で、この例が何の話かと言うと、「リヤカー」の写真の事です(笑)

    また、文章だけで説明するのは難しいのですが、コントラストがしっかりすると、その影響で「色の彩度」もあがります(このあたりは改めて目くるめくで記事にします)

    この「抜けの良さ」は撮影環境の他、レンズの性能、現像処理の仕方で変わります。

    と言う事で、少なくともRAWデータで自分好みの現像をするのは写真的には正義なんです(笑)

    1. kさん

      「目くるめく」的なコメントありがとう御座います~!
      度々すいませんw。

      「抜けが良い写真」
      なるほど!。

      >「陰影の濃さ」も重要です。
      認識出来ていない要素は「陰影の濃さ」だったんですね。
      意識していなかった要素です。

      コントラスト、シャドウ、ハイライト、色合い、色の濃さ
      とか今回弄ってみてますが何となく弄って「あ、良くなったかも」的な、
      行き当たりばったりな感じでした。

      ホントはこういう要素が他にも色々あるんでしょうねぇ。
      少しずつですが意識出来るようにしないとw。

      これは次の「目くるめく」が楽しみ過ぎる感じですね(笑)

  3. こんばんは〜

    Kさんのポイントを突いたコメントの後でむずかしいのですが(笑)、写真を印象的に?撮るのって、何を強調したいのかな、ということを整理するってことかなと私自身は理解してます。

    私も大八車の写真が好きです。
    何で好きかというと、takuさんのいうとおり、黒々しい量感が表現できると面白いと思うからです。

    この感覚は人それぞれなので難しいですが、それを表現方法として、どういうやり方があるのか、興味ぶかいですね〜。

    私もKさんの記事楽しみです!

    1. Egnathさん

      コメントありがとう御座います~!

      撮りたい物を認識するって事ですかね?!
      なるほどぉ~、奥が深い。。。
      自身の要求って事かな。

      また、
      >それを表現方法として、どういうやり方があるのか
      実現方法って感じですかね。

      要求の明確化と実現方法。。。
      仕事っぽくなってきたw、けどこういうの好きです(笑)
      頭の中が整理されていく感じですねw。

  4. ここでも、個人レッスンが始まってるし…。
    いいなぁ(笑)

    僕もtaku-cさんの言いたいことすごくわかります!
    僕の撮りたい写真と一緒だと思います。
    抜けがいいっていうんですね、僕も次回から意識して撮ってみますw

    1. えじさん

      コメントありがとう御座います~!

      長々と思いの丈をkさんにぶつけてみました(笑)
      kさん記事書く暇がなくなりそうですねw。

      >僕の撮りたい写真と一緒だと思います。
      分かってもらえますか!

      でもえじさんは既に出来てますよw。
      今日アップのメスティンの記事。
      背景はボケてますが「透明感」があります!。
      なんていうんですかね、綺麗なガラス越しに見た感じっていうのかな、
      パキッとしているというのかなぁ。

      写真って難しいですね(笑)

  5. 私もRAW現像最近始めました。
    Lightroomのカタログの概念がとっつきにくくて放置してたのですが
    写真管理ソフトとしても秀逸という事に気づき最近RAWってます(w

    自分の場合キットズームレンズから明るい単焦点50mm/f1.4や35㎜/f2を使うようになって”上手くなった気分”を味わっています。素人目にも解像感が違うように思えるので(←知ったかw

    1. すけさん

      コメントありがとう御座います~!

      Lightroom?!
      調べてみたのですがフォトショなんですかね?!
      この手のソフトは素人お断り感?!を感じてしまい中々手が出せないです(笑)
      昔、仕事で使ってたんですけどね(笑)
      そんなLightroomを使っているすけさんは凄いなぁ。
      しかも、Rawデータにハマってるんですね?!w
      これは楽しみが増えました(笑)

      明るいレンズはkさんにも良いよと言われていて気になってはいるんですよ。
      EF-Mだと単焦点の22mm/f2のパンケーキ?!ぐらいしかないんですけどね。
      明るいレンズ気になるなぁ~(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。