ニットのランタンカバーを自作 ♫

WINGED WHEELのニットのランタンカバー
Pocket

ランタンがハードケースだったりするとランタンをケースに入れても中でガチャガチャ動いたりして、壊れないにしても傷ついたり、傷んだりしそうですよね。

なので今回は、

そんな状況を改善するべくランタンを保護するランタンカバーを作成してみました。

では早速~ ♫


 

うちのランタンケース

うちはランタンケースに「TRUSCOプロテクターツールケース」を使用しています。
※まだ実運用してないですが(汗)

関連記事
ランタンケースど~しようかな~?!(笑)
ランタンケースにTRUSCO(トラスコ)プロテクターツールケース?!

TRUSCOプロテクターツールケースのオレンジのL

TRUSCOプロテクターツールケースのオレンジのLを開けたところ

TRUSCOプロテクターツールケースのオレンジのLにWINGED WHEELランタンを収納

 

このケースは複数個のランタンをまとめて運ぶ用として選んだケースです。

中はウレタンスポンジが入っているので基本的に動くことはほとんど無さそうですが、念のために個々のランタンが干渉した場合、傷ついたり傷んだりしないようにしたいなぁ~って思ったんですよね。

せっかく買った大事な「ランタン」ですものねw
破損に対する出来る限りの予防線は張っておきたいところではあります。

 

そこで思いついたのが「ランタンカバー」

なんて事ないです。
個々のランタンに被せるカバーで対応しようと思います。

素材は。。。

キルティング、スポンジなどなど。。。
どうしようかなぁ(笑)

そんな時にダメになったニットのスパッツがある事を思い出して「ニットいいじゃん!」って事で古着のニットのスパッツを素材としました(笑)。

 

じゃ、作ってみよう~

こちらがダメになったニットのスパッツw

ファッションセンターしまむら製のおばちゃん用です。(笑)

性能はピカイチw、めっちゃ暖かいです!。
さすがおばちゃん用(笑)

穴開いちゃったんですよね~
なのでこれから別の物に生まれ変わりますw。

リユース (Reuse)!
エコですね(笑)

WINGED WHEELのニットのランタンカバーの元

 

大きいサイズのランタンカバー

カバーをかける対象のランタンはこちら

WINGED WHEEL No.500

関連記事
【リライト】WINGED WHEEL No.500 ~♪

WINGED WHEEEL No.500

 

スパッツをランタンの高さに合わせて適当なところで「バッサリ」切ります。
ほんと適当です。

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

こんな感じですね。
左側が足首部分で右側が切った部分で太ももあたり?!かなw

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

切った部分を三つ折りにしてミシン「ガーッ」と。

適当なので勢い余って全部縫っちゃったw。
裁縫してる方からすると怒られそうな作業のやり方ですね(汗)

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

全部縫っちゃったから一部、1cm分ぐらいをほどいてそこからゴムを通します。

上がゴムを通す「ゴム通し・ひも通し」で、下が縫っちゃったところをほどく「リッパー」です。

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

ゴムを入れると。。。

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

こんなになりましたw。
左が縫った方です。

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

被せてみますねw。

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

 

ちょっとゆとりがある感じで被せられました。

サーフボードにニット?!カバーを被せる感じかな?!

いいねぇ~!(笑)

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

 

足首部分が上ですねw。

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

 

底部分です。
ゴムを入れた方ですね。

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

 

続いて小さいカバーを作ります。

こちらはWINGED WHEEL No.350

WINGED WHEEL No.350の詳細は後ほど。。。(笑)
※写真が撮りきってなくて。。。(汗)

大体の寸法を合わせて。。。

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

切りますw。

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

三つ折りは厚くなるんでやめます。

二つ折りでロック替わりの「ジグザグ」で縫います。

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

両端を縫って、それぞれにゴムを入れると出来上がり~ ♫

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを作成中

 

被せてみましょう~w

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

 

上から。

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

 

底部分です。

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

 

余った生地を使いながら小さいのをあと3つ作って、合計 大×1つ 小×4つ 作りましたw。

WINGED WHEELのニットのランタンカバー

 

使ってみます!。

ランタンケースの「TRUSCOプロテクターツールケース」にランタンカバーを被せたランタン(WINGED WHEEL)を入れてみます。

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを使用してTRUSCOプロテクターツールケースへ収納

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを使用してTRUSCOプロテクターツールケースへ収納

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを使用してTRUSCOプロテクターツールケースへ収納

WINGED WHEELのニットのランタンカバーを使用してTRUSCOプロテクターツールケースへ収納

 

なんか、写真が随分とオレンジ?!黄色?!だな~(汗)
写真はなかなか上手くならないですね(涙)

 

ランタンカバー如何でしたでしょうか?

作業は雑ですがランタンが何かに干渉した場合でも傷ついたり傷んだりしないように出来たんではないかな~?!

早く、本番に投入したいです!。

 



にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

8件のコメント

  1. こんにちは〜
    出撃に向けて着々準備が進んでますね。

    ニットのリユースはナイスアイデアですね,
    (表題を見たとき、takuさんついに編み物始めたか…とビックリしましたが(笑))

    考えたら、古びたスエット地の服など色々スキルがあればリユース出来そうです。

    ミシン&スキルがあればな〜

    1. Egnathさん

      コメントありがとうございます~!

      編み物やりたいんですよ(笑)
      手編みではなく簡易なマシン編みですけどねw

      古着のリメイク、リユースは生地が延びてたりしますね~
      なので自分は現物あわせで縫うからなかなかキッチリいかないけど楽しいっすよ(笑)

      あれ?!
      ミシンってキャンプの道具では(爆)

  2. こんにちは。ニットカバーは良いアイディアですね。

    写真が黄色いのはカメラの「ホワイトバランス」が上手くいってないからです。ホワイトバランスをオートで撮って色味が合わないときは、自分で合わせます。
    多分、作業場の照明って暖色系の照明ですよね。
    だいたい、色温度(単位はケルビン)でいうと3000k〜3500kくらいです。
    カメラの設定で「電球色」などの設定を試してください。もし上手く合う設定が無ければ、手動で3000k〜3500kくらいで設定するとOKだと思います。

    1. zero21keiさん

      コメントありがとうございます~!

      ホワイトバランスですか。。。
      たしかオートではなくカメラのディスプレイで見て少し暖色系の色になる何かのモードを選択してたんです。
      オートだと確かに見た目に近いけど、どこか「冷たい」感じがして。。。
      いい感じって難しいですね~
      手動で「3000k〜3500k」了解です、調整してみます~!

  3. こんにちは。
    ホワイトバランスと「暖色系の色になる何かのモード」は多分違う機能ですよ。
    コメント欄では説明しきれないので、カメラの記事にして説明しますね。

    1. zero21keiさん

      コメントありがとう御座います~!
      すいません、ありがとう御座います!。
      カメラの先生ですね!
      出来の悪い生徒ですみません。。。(笑)

      自分でもちょっと調べてみました。
      ホワイトバランスモード一覧にあるモード「ストロボ使用」を使ってたと思います。
      いつもここをいじって暖色になるものを選択してたんです。
      http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/eosd/61330-1.html

      RGBとか出てきてやれる事が色々あって分からんですよ(汗)
      次の授業で勉強します!(笑)

  4. でた〜!
    裁縫男子♪
    そうそうランタンって何に入れてもカシャカシャ音がして嫌なものですよね。でもこれ良いっすね!

    いつか強奪しますので1つ余分に作っておいてください(笑)

    1. ミキジンさん

      コメントありがとうございます~!

      雑なつくりですが(汗)悪くないでしょw
      どうしても何もしないとカシャカシャしちゃいますよね~

      簡単なので、材料が入手出来たら作っときますねw
      でも、材料が当分先になりそうですが。。。(笑)

      これホント簡単だからミキジンさんやってみたら?!(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。