【リライト】サンエム ストーブ レストア~♪ 天板、五徳

サンエム養蚕用石油ストーブの五徳と天板
Pocket

サンエム ストーブのレストア、前回はバラバラにしてみました。
バラバラにしたので具体的な作業に入るのですが一度に色々は出来ません。

なので、今回は天板と五徳に焦点を当てて作業を進めてみたいと思います。

では早速っ


※ナチュログ版のんびりアウトドア2016年12月11日投稿の「サンエム ストーブ レストア~♪ 天板、五徳」のリライト記事になります。

 

series『サンエムストーブレストア』

 

 

こちら作業前です。

天板は綺麗です。

ホーロー製になります。

サンエム養蚕用石油ストーブの天板

 

裏です。
ホーローが雑ですなぁ(笑)

サンエム養蚕用石油ストーブの天板

 

五徳は埃だらけ(笑)

こちらもホーロー製です。

サンエム養蚕用石油ストーブの五徳

 

裏はホーローがひび割れてる…

サンエム養蚕用石油ストーブの五徳

 

ホーロー(琺瑯)とは?

みなさん、知ってますよね~(汗)

「金属にガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもの」との事
参考:琺瑯 – Wikipedia

サンエムの天板と五徳は「ホーロー(琺瑯)」になります。

天板の程度は凄く良く、このままで問題なし!
綺麗です。

五徳は…

ヒビが入っているんですよね…
ネットで調べたらどうやらホーローは割れたり欠け易いようです。

そこで調べたんです。
ホーローのヒビはどうすればいいか…
塗装みたいに再焼き付け出来るか…

再焼き付けに関してはネットでは見つかりませんでした。。。
再焼き付けをやっている業者さんもいないみたい。。。

「ホウロウが溶ける温度まで加熱して、クラックを埋める」ってのがネットで見つかったのですが、これは机上での内容でしょうね~理論は分かりますけどね。
ガラスの融点が600~700℃ぐらいらしいので、頑張れば出来る?!
チャレンジした方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡を!(笑)

欠けなどは専用のパテなどで埋めて対応するようです。
こちらはネットでの検索が何件かヒット。

まー、でも今回は欠けではなく、ヒビだけなので多めに見ます。
欠けたら次回やるって事で(汗)

じゃあ、今回の作業内容は…

洗剤で洗っただけです、他は特に何もしてません(笑)。

サンエム養蚕用石油ストーブの五徳と天板

 

天板と

サンエム養蚕用石油ストーブの天板

 

五徳

サンエム養蚕用石油ストーブの五徳

 

綺麗になりました(笑)
以上!(爆)

 

つづく。。。

 



にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2件のコメント

  1. おはようございます。
    このシリーズは奥さんと二人で、ずっと読んでました。
    いつかレストアされたサンエムで、一緒にキャンプしたいですね。

    1. zero21keiさん

      コメントありがとうございます~!
      リライト記事で基本書いている内容は同じなので「これ見たよっ」って感じですが(汗)
      ナチュログ版からの移行作業でしてご勘弁を(汗)。

      是非、キャンプご一緒したいっす!
      タイミング的に中々厳しい部分もあるんですが、ブログつながりでグルキャンってすごく楽しそうですよね~!
      うちはまだOFFシーズンなので、ONシーズンが待ち遠しい(涙)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。