ランタンのキラキラ撮影♬ 光条の練習!

ランタン撮影の光条の練習!
Pocket

キャンプに行った先で光条があるサイト写真をいきなり撮るって大変そうですよねぇ~

多分、その場で検索してやり方を見つけて。。。なんてねぇ。

なので何時でも出来る様に事前に練習してみたいと思います。

では早速っ♪


 

キラキラがあるサイト写真っていいなぁ。

雰囲気いい夜のサイトって憧れますよね。

しかもキラキラがあったりすると尚更w。

 

キラキラって何?!って

そう、それは『光条』っていう光の筋です!。

詳しくないので色々と聞かないでね(汗)

プジョーでキャンプ』のkさんが詳しく記事にしていますのでこちらを参考にして下さ~い

 

で、夜のサイトを写真で撮る時にこのキラキラ(光条)込みで撮ってみたくないですか?!

もし撮れたらいい雰囲気の写真になりそうじゃないですか?!

… … …

ですよねぇ~(笑)
※何がですよねぇなのか分かりませんが、

 

じゃあいきなり本番だと厳しいので練習しちゃいましょう。

なんでこんな流れなのかと言うと、ちょうどkさんが記事で撮り方をアップしてたので。

乗っかっちゃいましょう(笑)

 

先ずは基準値となる
「f/16 SS 15秒 ISO 3200」で撮影

撮影場所は自宅でw。

アイアンウッドラックにWINGED WHEELを2つ。

『WINGED WHEEL No.350』と『WINGED WHEEL No.500』

 

 

kさんが記事の中で光条を撮る為の基準となる設定を示してくれています。

まずはこれを使って「カシャっ」と。

 

おーw、『光条』が出ましたね~w、初めて(笑)

簡単に出来たけど何も知らないところからだと大変なんだろうなぁ~。

この状態だと、ちょっと光が強過ぎる感じがします。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 15秒 f/16 18mm ISO:3200

 

 

初めてなので試しに色々とやってみましょう。

さっきの状態から『ISO:3200』を『ISO:1600』に変更します。

 

お、いい感じに暗くなりましたかね?!。

灯りがランタン周辺だけになって雰囲気が増したというか、落ち着いた感じというか。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 15秒 f/16 18mm ISO:1600

 

 

じゃあ、更にISOを変更してみましょうか。

今度は『ISO:1600』を『ISO:500』に変更しました。

 

おー、暗いねw

でも実際に肉眼で見た感じに一番近いのはこれかもね。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 15秒 f/16 18mm ISO:500

 

 

筆者の好みに近づけてみましょう(笑)

今回のこのセットでは

『WINGED WHEELのほんわかした柔らかい灯りに照らされているアイアンウッドラック』

ってのテーマとしたいと思います。

なんでかって?!

WINGED WHEELの薄暗い雰囲気のあるオレンジ色の灯りが好みだから(笑)

 

なので先ほどやってみた事を、活かしながらこのテーマに合うように弄り倒してみました。

 

中々上手くいかな~い(涙)

『ISO:500』とかにして暗くなると『f/16』でも光条が見づらくなってしまうんですね。

じゃあ、ISO上げると煌々と照らされてる感じになってしまうし。

F値を『f/22』にしてみたり、『f/40』にしてみたり。。。

周りはいい感じのほんわかした灯りに照らされている感じだと光条がでないよ~(涙)

 

ん~、とりあえず練習なのでなんでもアリです。
WINGED WHEELの灯りを絞ってみました。

普通は被写体を弄ったりはやらないのかなぁ。。。?!

どうなんでしょうか?!。。。

まー、でも練習なので(汗)

 

そして撮れたのがこちら「カシャっ」と。

 

ちょっと薄暗くなり過ぎましたが、周りが煌々と照らされていない状態で光条が撮れました!。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 30秒 f/40 45mm ISO:6400

 

 

この状態で画角を広げてみました。

レンズを弄って焦点距離を短くしたんですが、それにつられてF値が小さく?!なりました。

なんで?!かはここでは触れません(爆)
※分からないので。。。

 

先ほどの写真と同じような雰囲気で撮れましたね。

薄明りにラックが照らされていて光条もあります。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 30秒 f/29 26mm ISO:6400

 

 

じゃあ、更に広角に。
※よく分かりませんが用語の使いっぷりって合ってるのかなぁ~

焦点距離が『18mm』でF値が『f/22』まできました。

 

写真の雰囲気は変わらずでちゃんと光条もありますね。

なるほど、なるほどっ(笑)

ランタン撮影の光条の練習!
SS 30秒 f/22 18mm ISO:6400

 

 

全体がちょっと暗くなるようにISO下げみますか。

 

お、さっきの雰囲気になってる、なってるw。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 30秒 f/22 29mm ISO:4000

 

 

画角も小さくして寄ってみました。

 

やさしい感じの灯りがアイアンウッドラックを照らしつつ光条もあっていい感じですw。

でもなんか画像が荒い気がするんですよね、黒がザラザラと言うか。。。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 30秒 f/22 45mm ISO:4000

 

 

何となくいい雰囲気に近づいてきたので
WINGED WHEELの灯りを元に戻して再度チャレンジ!。

WINGED WHEELの灯りを元に戻しました。

色々と弄ってと。。。「カシャ」。

 

ちょっっっと、暗いかもだけどいいんじゃないかなぁ~

WINGED WHEEL周りの雰囲気は好きですw。

光条ももうちょい欲しいかもねぇ~。

でもF値『f/40』以上絞れないよぉ、こんな時はどうするんだろう?!

ランタン撮影の光条の練習!
SS 20秒 f/40 45mm ISO:1600

 

 

WINGED   WHEEL 1つで出来たので今度はWINGED   WHEEL2つで。

これも色々と弄って撮ってみました。

結果はこちら。

明るめバージョンと

ランタン撮影の光条の練習!
SS 20秒 f/40 45mm ISO:1600

 

 

暗めバージョン

こちらはWINGED   WHEELの灯りを絞ったかも。。。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 20秒 f/40 45mm ISO:5000

 

 

ついでなので星空撮影もやってみる?!

何となく上に向けて「カシャ」。

うん、暗い(笑)

星空撮影練習
SS 15秒 f/22 15mm ISO:2000

 

ISOを上げてみて「カシャ」。

お、こんな感じかな?!
※クリックすると原寸の写真になるのですが、1つだけ星が写ってます(笑)

星空撮影練習
SS 15秒 f/22 15mm ISO:6400

 

 

以上、写真の練習でした!。
そして本日の成果は?!

こちら。

『WINGED   WHEEL No.350』1つバージョン。

トリムしてます。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 20秒 f/40 ISO:1600

 

 

そして『WINGED   WHEEL』が2つバージョン。

こちらもトリムだけやってます。

ランタン撮影の光条の練習!
SS 20秒 f/40 ISO:5000

 

初めての光条撮影の割には良く出来たのではないかなぁ~と思ってますw。

でも時間かかりましたねぇ~、2時間半ぐらいやってたんじゃないかなぁ~(汗)

本番でもやれるかなぁ?!

 

次は自宅から星空写真狙いたいと思います(笑)

 



にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

4件のコメント

  1. おはようございます。
    ランタン綺麗ですね〜。

    ズームレンズで焦点距離を変えるとF値が変化するのは、レンズの組み合わせにより有効口径が変化するからです。
    お持ちのズームレンズの場合広角に振ると有効口径が広がり、F値が小さくなります(高価なズームレンズではこれが変化しないようなレンズの組み合わせのものもあります)

    ランタンの灯りを絞ると光条が強くなるのは、おそらく出ている炎が小さくなって、より集光したためだと思います。
    今度はキャンプで実践ですね〜。
    素敵なキャンプサイトの写真を楽しみにしています。

    1. zero21keiさん

      コメントありがとう御座います~!

      F値の変化、なるほどです!
      使い慣れるように弄り倒さないといけないですね(笑)

      光条についても状況に合わせて対応ができるようになりたいですね、経験を積むしかないかな(笑)

      でもこれをキッカケにキャンプでもバンバン撮っていきたいですね!
      次は星空(笑)

      1. 光条は光の筋なので背景が明るいと見えにくいですよね。
        条件を変えて色々試すと感覚が掴めると思います。

        あとこの写真が撮れたなら、星空もカメラの使い方は全く同じなので撮れますよ。
        ただ、星空は「ピント」がオートだとほぼ合わないので、マニュアルで合わせる必要があるのと、ファインダーの中はただの「黒」になるので、さらに難易度が上がります(笑)

        1. なるほど、光条は背景の明るさにも影響されるんですね。
          マスターまでは道のりが長そうw

          星空はマニュアルなんですね、了解です!
          この光条撮影でもカメラの画面はほぼ真っ暗でした撮ってみないとどんなのか分からなかったです。
          星空もなんですね。
          少しずつですがチャレンジしてみます!(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。