ノーブランドスタッフサックのカスタマイズ

バッグ

キャンプの小物整理にスタッフサックがおすすめですw!

投稿日:2019年5月22日 更新日:

キャンプの小物を綺麗に整頓!

キャンプの小物整理に悩まない!

積載にも優しいスタッフサックは如何でしょうか?!

では早速っ♫


 

キャンプの小物整理ってどうしてますか?

キャンプの小物整理って何気に纏まらなかったりしないですか?!

タープ用ガイロープだったり、ちょっとした物を引っかけるためのフックだったり。

ヘッドライトや寝室用の小型ランラン、ペンライトとか。

これらは自分がまとめるのにどうしようと思った物たちです。

ギアボックスに仕切りを入れてみてそこにガサっと入れてみたり。

TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ 50L OD色 ODC-50

TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ 50L OD色 ODC-50

2,453円(10/21 03:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

TRUSCO社のトランクカーゴ 50L OD色(ODC50)の内部仕切りに100均のファイルボックスを使う

 

ギアボックスの仕切りについてはアウトドアギア収納BOXの仕切りってどうしてます?!で記事にしていますので気になった方はご覧くださいw。

 

写真では食器ですが、とりあえずZIPロック系の袋にいれてみたりとかw

TRUSCO社のトランクカーゴ 50L OD色(ODC50)に荷物を入れてみた。

 

これはこれで、一応整理はされてるんですが、見た目がね(汗)

あと、袋が意外と嵩張ったりとか。。。

 

小物整理でお薦めなのがスタッフサックです!

筆者はそもそもスタッフサックってナニ?!って感じだったんですが、要は小物入れのバッグみたい。

スタッフサック、スタッフバッグとも言ったりとか。

形も巾着の形の物だったり、ドライバッグ的な入口をクルクル巻くタイプであったりとか形も様々。

形はどうであれ?!、小物入れのバッグはスタッフサックでいいのかなw?!

そんなスタッフサックですが、筆者は巾着つくってみたりしたんですがなんかしっくりこないんですよね。

生地が厚手のコットンだったからってのもあったかもですが、まとまりが悪いというか。。。

それにギアが増えて内容物が増えたり減ったりするので今現在ピッタリに作っちゃうと入らない物が出てきたりとかするんですよ。

そこでドライバック方式のバッグも作ってみました。

アウトドア用小物バッグの全体像

 

これ自作で気に入ってるんですけど、厚手のツイルって生地で作った気がします。

これが意外とね~、材料費が高いんですよね。。。

1mで1000円以上だった気がします。

まぁ、帆布だったとしてもそのぐらいはしたと思うので自作は意外とコスパ悪し(苦笑)

なので追加で自作はせずにAmazonを物色しましたw

自作したドライバック方式のスタッフサックは【リライト】アウトドア用小物バッグ始めましたwで記事にしてますので良かったらっw

 

どんなスタッフサックがあるの?

流石Amazon、色々とありますなぁw

ブランド品もあるんでしょうけど、全部がブランド品っていうのも体力が続かないので、ここは敢えてノーブランドで変なプリントとかないような物をチョイスw。

10Lのサイズで2個セット。

 

大中小の3つセット

 

5個セットっていうのもありましたw。

 

共通して言えるのはどれもドライバックとして売られています。

なので一応、防水。

 

小物整理に選んだスタッフサックはAmazonのノーブランド!

ツリー柄の迷彩がカッコよかったのでこれ。

購入時、2つセットで960円w

 

小さめのスタッフサックも欲しかったので、こちらのグリーンの3つセットを選んでみました。

こちらは購入時466円。

 

流石、ノーブランド!、お安いっ!

 

ちょっとカスタマイズ!、小物整理に閉めやすいスタッフサックにしてみました!

で、これ買ったのが2018年の春ぐらいなので今から1年ぐらい前です。

見た目もいいし良かったんですけど、如何せんドライバックなので通気性が悪いというか。。。

入り口をくるくる巻いて閉めるんですが、空気を抜きながらやらないとこんな感じに空気で膨らんじゃうんです。

クルクル巻いて閉めてるので押しても空気抜けないし。。。

まぁ、ドライバッグですから。

ドライバッグとしてなら問題ない性能って事なんでしょうけどねw。

ノーブランドスタッフサックのカスタマイズ

 

ちなみにこれが中身なので中身的にはスカスカなんです(汗)

ノーブランドスタッフサックのカスタマイズ

 

もちろん、空気を入れない様にクルクル閉めれば大丈夫なんですけど、いちいち空気を抜きながら閉めるのが意外とめんどいんです(苦笑)

そこでちょっとカスタマイズw

穴開けてみました(爆)

ただ穴開けるだけでは穴がどんどん大きくなっていっちゃいそうなので4mのハトメにしてみましたっw

底の部分に1つ。

ノーブランドスタッフサックのカスタマイズ

 

これで空気を気にしながら巻かなくても、クルクルっと巻いて、ぎゅーっと押して、を数回すればご覧の通りw

簡単にスッキリ閉める事が出来ます。

キャンプの小物整理としては良い出来じゃないですかw?!

ノーブランドスタッフサックのカスタマイズ

 

このドライバッグ方式は内容物に合わせてきっちり小さく出来るのが良いですよね!

大きい物を入れても内容物に合わせてこんな感じに閉める事が出来ますしw。

横は無理ですが、縦は大きさが変えられるのは便利ですよ。

ノーブランドスタッフサックのカスタマイズ

 

キャンプの小物整理として激安スタッフサックは買いですw

如何でしょうw、Amazonのノーブランドを狙えば1つ2~500円ぐらいでゲット出来るスタッフサックは魅力じゃないですかw?!

ギアボックスに入れても隙間を埋めながら入れる事が出来るのでデットスペースが出来づらいのもいいですよね。

ノーブランドスタッフサックを仕舞う

 

グリーンとツリーカモを買いましたがやっぱりお薦めはツリーカモかな。

執筆時点でツリーカモは10Lと80Lがあって単品販売と2つセットがありました。

買うなら2つセットがコスパ最強です!

80Lとかなら着替えを入れたりとかかなぁ?!

防水なので濡れないだろうからいいかも。

その場合は穴は開けない方がいいですねw

 

80L

 

筆者と同じ10L

 

デジカモもあったっ!

- スポンサーリンク -

星屋はちの「家族でキャンプはじめました」





にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




その先の絶景のバナー

菅沼でカヤックのパドルで泥遊び Canon EOS M6 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM, 1/4000, F2, ISO100, 29mm

霧ヶ峰スキー場の夏のリフト Canon EOS M6 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM, 1/4000, F2.5, ISO100, 18mm

ふもとっぱらでダイヤモンド富士待ち Canon EOS M6 SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, 1/200, F8, ISO1250


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
taku-c

taku-c

2015年春に初キャンプに連れて行ってもらい… 秋にテント買って… 翌年カヤック買って… 娘とかみさんと家族3人のんびり?! 道具の自作もちょいちょい?! 少しづつですがアウトドア始めましたw。 キャンプなどのアウトドア情報、体験談などのんびり書いてみようと思ってまーす。

-バッグ

Copyright© のんびりアウトドア , 2019 All Rights Reserved.