終戦記念日とサブロー

終戦記念日とサブロー

8月15日。

終戦記念日でしたね。

今回はキャンプからはちょっと離れて、別の話しになります。

では早速。








 

うちのサブロー

サブローとはうちにあるちゃぶ台の事です。

直径が90cmぐらいの大きさで比較的大人数向けのちゃぶ台です。

サブローとの出会いは自分が20代の後半頃でしょうか。

当時、明治公園で行われていた大規模なフリーマーケット。

明治公園とは渋谷区の国立競技場の脇あたりにある公園です。

国立競技場が1964年東京オリンピックのメイン会場に決まった際に整備され、同年に開園した。
明治公園 – Wikipedia

との事ですが、現在は2020年の東京オリンピックの新国立競技場計画によって閉鎖されています。

好きだったんだけどな、明治公園。

そんな明治公園で行われていたフリーマーケットでサブローと出会ったのです。

お店を出していたのは、たぶん解体屋か片付け業者の方でしょう。

特に綺麗に並べられていた訳でもなく、ジャンクな物が「ガサッと」山にされていた中にちゃぶ台が2つ。

小さいのと大きいの。

小さい方は大きいのより一回り小さい感じで綺麗で足もしっかりしていました。

大きい方は天板がちょっとしなっていて、汚くはないが綺麗でもなく、足にちょっとガタがきている状態でした。

この状態だと小さい方が良さげかなぁって感じなのですが、大きい方には小さい方に無い特徴が。

それはちゃぶ台裏に刻まれた刻印。

 

戦前のちゃぶ台と三郎さん

大きい方のちゃぶ台に刻まれた刻印にはこう記されています。

 昭 三
 和 郎
 十 出
 六 征
 年 記
 一 念
 月
 十
 一
 日

昭和16年の出征紀念。

戦前のちゃぶ台ですか。

なんか、このちゃぶ台、ここで持って帰らないと処分されそうな気がしたんですよね。

売れ残ってゴミにしちゃいけない気がしたんです。

完全な思い込みですけどね。

こうして自宅に新たなテーブル、ちゃぶ台が1つ増える事になったのです。

ちゃぶ台に刻まれている三郎さん。

もちろん、全く存じ上げません。

昭和16年は日中戦争の最中で、12月8日にはハワイ真珠湾を奇襲攻撃、太平洋戦争に突入します。

 

サブロー壊れる。

戦前のちゃぶ台がうちに来てから10年以上。

ちゃぶ台と言わず「サブロー」と呼んで親しんできました。

その間、引っ越しもしたし、娘も生まれたし、様々な事がありました。

娘も幼稚園に入るころからは遊ぶのも、お絵描きするのもサブローを使っています。

しかし、今年の2018年の春にサブローが壊れてしまったのです。

立て掛けていたサブローが倒れて天板が割れてしまいました。

戦前のちゃぶ台の修理

 

以前から天板は一部割れていたので、壊れ易くなっていたのでしょう。

真っ二つになってしまいました。

戦前のちゃぶ台の修理

戦前のちゃぶ台の修理

 

サブローをどうするか決断の時。

お絵描き、勉強、おやつの時など、娘にとっては机となっているサブロー。

サブローが使えないとなると、ちょっと大変です。

どうするか。

こういう家具を修理するのって結構なお金がかかりそうです。

足もガタがきているのでグラグラするし、全体的に傷んでいます。

昭和十六年一月十一日の三郎出征記念の刻印があるちゃぶ台

 

ぶっちゃけ、もっと使い易い見栄えの良い新品のテーブルに買い替えるが一番手っ取り早く楽なんですよね。

楽天とかで良さげなの見つけて注文するだけですから。

でもねえ。

かみさんと悩んだ結果、出した答えは、修理する。

そして運良く、ちゃぶ台を修理する工房も見つかり依頼して待つこと約二カ月。

 

綺麗になって帰ってきたサブロー。

修理が完了して受け取りに行ってきたのが一カ月前ぐらいです。

天板の割れを直して、ガタがあった足を直して、部分的に色が剝がれていたので、思い切って全体の色を剥がしてもらいました。

自宅に帰って娘と自分で蜜蝋を塗って無垢の感じになっています。

我が家のちゃぶ台「サブロー」

 

裏面も色を剥がしてもらっているので蜜蝋仕上げです。

一度着色しているのでどうしても完全には色が抜けませんがこれも味わいでしょう。

昭和十六年一月十一日の三郎出征記念の刻印があるちゃぶ台

 

三郎出征記念の刻印も残っています。

昭和十六年一月十一日の三郎出征記念の刻印があるちゃぶ台

 

そして一日過ぎてしまいましたが、8月15日は終戦記念日。

ちゃぶ台の裏、サブローの裏に刻まれた出征の文字。

軍隊の一員として戦地へ行くこと。

だそうです。

自分らの世代は戦争未経験の世代です。

戦後世代で戦争の経験はありません。

 

戦争についてあれやこれや多くを語る気はありません。

ただ、過去に戦争があった事は紛れもない事実です。

サブローの裏の刻印は戦争があった印です。

今後も自分達がサブローの刻印を見てどう思うか。

娘が大きくなってサブローの刻印を見て何を考えるか。

 

自分はサブローに向かってひらがな練習している娘を見るのが好きです。

 

あとがき

サブローの事はいつか書こう、書こうと思っていたので、

壊れたのをきっかけに記事に書けたので良かったですw。

キャンプ関連の話しでは無いですが、最後まで読んで頂きましてありがとう御座いました~w。

 








にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

筆者

taku-c
2015年春に初キャンプに連れて行ってもらい…
秋にテント買って…
翌年カヤック買って…

娘とかみさんと家族3人のんびり?!
道具の自作もちょいちょい?!
少しづつですがアウトドア始めましたw。

キャンプなどのアウトドア情報、体験談などのんびり書いてみようと思ってまーす。

コメント & トラックバック

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは。

    太平洋戦争での帝国陸海軍の軍人軍属の戦死者は212万人と言われていて、全軍の死者率は約25%、つまり出征された方の4人に1人が戦死された戦でした。
    三郎さんがどのような運命を辿ったのかは全く解りませんが、修理して使うサブローちゃぶ台。
    とても良いモノだと思います。

    • zero21keiさん

      コメントありがとう御座います~!

      >4人に1人が戦死
      改めて考えてみると凄い時代ですよね。
      当時を経験されているじいちゃん、ばあちゃんたちは本当に大変だったと思います。

      サブローの修理も本当に迷ったんですよね。
      でも直して良かったと思います。
      大事にしないとですねw。

  2. サブローさん、ご存命なのか、はたまた…
    毎年8/15は、色々な思いが交錯する大切な日ですね。
    サブローちゃぶだい、大切にされてて素敵だなぁと思いました!
    綺麗になったサブローも、素敵ですね(o^^o)

    • ハチママさん

      コメントありがとう御座います~!

      三郎さんに思いを馳せてしまいますよねw。
      今となっては明るい気持ちで三郎さんに思いを寄せる方が良いような気がしています。

      サブロー捨てれないですよねぇw。
      ちゃぶ台ですが、じいちゃんのような存在です。
      これからもメンテして綺麗にしとかないとですねw。

  3. こんにちは(・ω・)

    >サブローに向かってひらがな練習している娘を見るのが好き
    あれこれ歴史の話をするのではなく、このひと言で締めくくるのが素敵だと思いました
    過去にあった事実ですが、「戦争」としてみると大事過ぎていたちでは実感が湧きません
    でも、そんな戦争に身を置いてお国のため、家族のために戦ってくれた方、
    一人ひとりのおかげで今があるということを、同じ一人の人間として感謝していきたいと思います

    • いたちさん

      コメントありがとう御座います~!

      戦争については人によって、立場によって様々な解釈がありますからね。
      ただ、最後の一文は自分自身が感じた素直な気持ちですよw。

      戦争に実感って無理な気がしますよね。
      でも可能な限り戦争を想像する事は出来ると思っています。
      当時の方達がいたからこそ、今があるんでしょうね。
      感謝の気持ちは忘れたくないですね。

  4. こんばんは(^ ^)

    姓が書いていないという事は、きっと家族内での記念に拵えた物なんでしょうね。
    開戦に国民全員がイケイケだった頃ですし、
    一郎さんと二郎さんもきっと、お国の為に戦っていたのでしょう。
    息子達の奮戦と無事を祈る、親御さんの想いですね。

    今はtaku-cさんが娘さんの成長を見守る場なんですね。
    時を超えて形は違えど、親が子を想うちゃぶ台。
    木が朽ちるまで、孫の孫まで伝えて欲しいです(^ ^)

    • みーこパパさん

      コメントありがとう御座います~!

      確かに家族内で記念に作った物のように感じますね。
      三郎さんなので、一郎さん、二郎さんもいそうですねw。

      三郎さんとは血のつながりはありませんが、
      これも何かのご縁ですよね。
      次の世代へと長く使っていければサブローも喜んでくれそうな気がしますw。

  5. こんばんは。

    昨夜はこの記事を書かれてたんですかね。
    戦争で母方の祖父を亡くしてることもあり、ぐっと来ました。

    サブローさんの机、復活して良かった。こういう云われのある古いものを大事にするのはとても良いことだと思います。

    人によって色々意見はあるのかもしれませんが、出征したお一人お一人は国のため、必死に戦ったのだろうと思ってます。

    そのことには感謝の念しかありません。

    • Egnathさん

      コメントありがとう御座います~!

      そうなんです、夜遅くからこの記事書き始めたから遅くなっちゃいました。
      今日は仕事で遅いんですけどね(汗)

      そうですか、親族の方に戦争で亡くなられた方がいらっしゃるんですね。
      より戦争について考えちゃいますね。

      サブローは気が付いたら10年以上うちに居ますから。
      修理には悩みましたが、やっぱり、何としても直したかったです。

      >そのことには感謝の念しかありません。
      本当にそうですね。
      それに尽きると思います。

  6. こんばんは(^^)/

    なんだか涙ぐむような・・・ちょぴ感動してしまいました
    ご縁ってこういう事なんでしょうね
    takuさんのところに来て良かったですねえ、サブローさん
    大事にしてもらって、きっと机のサブローさん事態が喜んでると思います
    ご本人様もどうかご無事でと祈らずにはいられませんね

    誰も喜ばない、戦争は二度とない様に心から願います。

    • ラララさん

      コメントありがとう御座います~!

      本当にご縁って感じですよね。
      完全思い込みですが、サブローが綺麗になって帰って来たので、
      良かった気がしています。
      三郎さん、考えちゃいますね。

      >誰も喜ばない、戦争は二度とない様に心から願います。
      自分もそう思います。
      二度と無いように。

  7. こんばんは!

    とても奥深い内容の記事ですね!
    時を超えて、taku-cさんの娘さんの勉強のお手伝いさんになったサブローさん。
    直してもらえて、きっとちゃぶ台のサブローさんも喜んでますねw

    私の家計にも戦争で戦死したご先祖がいますが、
    実家の仏壇の上に飾ってある遺影でしか見たことがなく、
    戦争で亡くなった先祖だよ。と言われても未だに実感はわきません。

    「出征」ってただの漢字2文字ですが、そこに込められた想いは、
    今の時代を生きる私たちには絶対理解できないほど重い2文字なんだろうなと、
    サブローさんの刻印の見て考えにふけってしまいました。

    この時代の日本に生まれたことを幸せなんだなと思える瞬間ですね。
    平和にキャンプのことを考えられる日々。幸せです。

    • yocchinさん

      コメントありがとう御座います~!

      yocchinさんの身内の方にもいらっしゃるんですか。
      出征って言葉は殆どの方は知っているでしょうけど、改めてその意味を見ると、なんか考えちゃいますよね。
      意味はわかるけど、心の中で理解していないというか。

      平和っていいですねw。

コメントはこちら

*

Return Top