YETIのRAMBLER18oz BOTTLEを買いました

クーラー / ジャグ / 水筒

YETIの水筒!RAMBLER 18oz BOTTLEを買っちゃいましたw。

投稿日:2018年10月4日 更新日:

ハードな使用にも耐えるクーラーボックスで有名なYETI。

クーラーボックスだけなイメージですが水筒も作ってるんですね。

今回はそんなYETIの水筒、RAMBLER 18oz BOTTLEを買ってみました!。

では早速っ!


 

今まで使っていた水筒を新調するっ

筆者はほぼ毎日水筒を職場に持っていってます。

中身はホットコーヒーだったり、冷たいお茶だったり。

今まで使っていたのはKlean kanteen INSULATEDの紺です。

使い古したKlean kanteen INSULATED

 

娘が生まれる前に買ったと思ったので、かれこれ6年ぐらい使ってるかなぁ?!

ボトルの塗装もだいぶ傷が入って年季が出てますねw。

自分はこっちの方が新品より好きだなw。

もちろん、わざと傷だらけにしたわけではありませんよ。

年季も入って見た目は気に入ってるんですが、気に入らない点もあるんですよ。

それは、保冷力がちょっと弱いかなぁと。

氷すぐ解けちゃうし、蓋のうら、ネジ部に水滴が沢山ついて、蓋開けた時に濡れないようにするのが大変で(汗)

筆者だけなのかなぁ?!

使い古したKlean kanteen INSULATEDの蓋

 

新しい水筒、何がいいかなぁ?!

そんな感じで水筒選びが始まりました。

水筒も色々と出てますからねw。

何が良いか迷っちゃいますよね。

筆者が選んだ候補はこんな感じでした。

 

KINTOの TRAVEL TUMBLER のターコイズ。

かみさんがこれの白を使っているってのもあったんですが、色が良いでよねw。

 

KINTOは滋賀県にある日本のメーカーです。

かみさんも使っている通り、女性向けな感じの柔らかい感じのデザインになってます。

 

スタンレーもいいですよね。

定番と言えば定番ですが、定番になるのにも理由がありますからねw。

見た目も無骨で好きです。

 

RTICもいいなぁ。

こちらはクーラーボックスが有名なのかな?!

YETI系クーラーボックスの中で、ORCAと並ぶ隠れた名品?!

(1890ml, Camo) - RTIC Stainless Steel Bottle (1890ml), Camo

(1890ml, Camo) - RTIC Stainless Steel Bottle (1890ml), Camo

8,212円(12/07 13:54時点)
Amazonの情報を掲載しています
RTIC 30オンスタンブラー 20oz Tumbler 100

RTIC 30オンスタンブラー 20oz Tumbler 100

6,878円(12/07 08:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

RTICならAmazonでは高いので海外から個人輸入がいいでしょうね。

色が豊富ですよw。

 

 

YETIはシンプルにステンレスそのまんま。

もうご存知ですよねw。

クーラーボックスが有名なYETIです。

 

迷うけどぉ~

色々と悩んだんですが、他とあまり被らなそうで保冷力が高そうというのが決め手になって、

YETIのRAMBLER 18oz BOTTLE にしちゃいました。

RTICもレア感はありそうですがYETIの方が保冷力がありそうかなぁ?!と。

筆者が買った時は日本のAmazonで4,850円でした。

タイミングによっては高くなっているのでご注意。

 

これがYETI RAMBLER 18oz BOTTLEです。

いや~、やっぱり新しいギアはテンションが上がりますねw。

YETIのRAMBLER18oz BOTTLEを買いました

 

外観です。

ステンレス仕様で塗装はありません。

当たり前ですが新品なのでピカピカですw。

ラベルが巻かれています。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEを買いました

 

このYETI RAMBLER 18oz BOTTLEはYETIのロゴが至る所にあるんですよ。

先ず、ボトルの側面下側です。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEのロゴ

 

続いて底。

ここにもYETIのロゴです。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEの底のロゴ

 

蓋です。

もちろん蓋にもロゴがありまっせw。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEの蓋

 

蓋の中側にもあるんですw。

どんだけアピールしてんでしょw。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEの蓋ロゴ

 

蓋のネジ部はこんな感じです。

蓋は叩いてみた音で想像するに空洞ではなさそうです。

何が詰まっているのかは?ですw。

クーラーボックスで使われている発泡ウレタンでしょうかね?!

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEの蓋

 

新旧比較っ。

今まで使っていたKlean kanteenと比較すると高さがちょっとありますね。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEとKlean kanteen INSULATEDの比較

 

蓋を開けてみたところです。

こうするとボトル自体はだいたい同じ高さでしょうかね?!

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEとKlean kanteen INSULATEDの比較

 

飲み口部分。

YETI RAMBLER 18oz BOTTLEはネジ部が内側にあって飲み口がむき出しですね。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEの飲み口

 

Klean Kanteen INSULATEDはネジ部が外側にあって飲み口が蓋で覆われます。

衛生的って観点でいったらKlean Kanteen INSULATEDの方が衛生的ですね。

使い古したKlean kanteen INSULATED

 

上からの比較です。

直径でいくとYETI RAMBLER 18oz BOTTLEの方が一回り大きいって感でしょうか。

容量でいってもYETI RAMBLER 18oz BOTTLEが18ozで計算すると532ml。

Klean Kanteenは16oz、473mlなのでYETI RAMBLER 18oz BOTTLEの方がちょっとだけ多く入る事になります。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEとKlean kanteen INSULATEDの大きさ比較

 

カタログ、ステッカーが付いてくるっ

YETI RAMBLER 18oz BOTTLEについていたカタログとステッカーです。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEに付いてくる説明書とカタログとステッカー

 

こちらがステッカー。

2枚付いてきてました。

せっかくなのでギアボックスに貼っときましたけどねw。

YETIの水筒RAMBLER18oz BOTTLEに付いてくるステッカー

 

YETIランブラーボトル用チャグキャップを追加購入!

買っちゃいましたw、飲み口変更用のチャグキャップ。

YETI Rambler Bottle Chug Capを購入ですw。

YETIのチャグキャップのパッケージ

 

理由は落としてオリジナルのキャップを割っちゃいまして(汗)

壊れたYETIのオリジナルキャップ

 

替えのオリジナルキャップが売ってなくて、こちらのチャグキャップに交換となりました。

YETIのチャグキャップ

 

YETIランブラーボトル用チャグキャップの蓋

こちらが蓋ですね。

中空洞かな?!と思ったんですが、叩いた時の音でちゃんと詰まってるのが分かります。

YETIのチャグキャップの蓋

 

裏側は飲み口のネジ部分があります。

YETIのチャグキャップの蓋の裏

 

YETIランブラーボトル用チャグキャップの飲み口

透明なプラスチックがベースの飲み口。

厚みのあるプラスチックなのでしっかりしてます。

YETIらしい感じですw。

YETIのチャグキャップの飲み口

 

飲み口を閉める部分って言うのかな?!

YETIのロゴのある部分です。

ここは締め易い様にプラスチックではなく、ゴムですね。

YETIのチャグキャップのグリップ

 

裏側。

YETIのチャグキャップの裏

 

パッキンもしっかりしているので漏れも大丈夫そうです。

YETIのチャグキャップのパッキン

 

YETIランブラーボトル用チャグキャップを装着してみました。

先ずは飲み口を付けて、

YETIのチャグキャップを装着

 

蓋を閉めて。

違和感なく、雰囲気も良いです!。

YETIのチャグキャップを装着

 

使ってみた感じは、先ず蓋に結露が出るような事はありませんでした!。

やっぱり空洞ではなく、ちゃんと詰まっているからでしょうね。

飲み口も口にくわえて丁度いい大きさで飲みやすいです。

オリジナルは直接金属のふちから飲むんですが、金属が苦手な方もこのチャグキャップを使えば問題ないですね!。

もっと早くに買っとけば良かったw。

YETI Rambler Bottle Chug Cap, Fits 18/26/36/64 oz Bottles [並行輸入品]

YETI Rambler Bottle Chug Cap, Fits 18/26/36/64 oz Bottles [並行輸入品]

2,880円(12/07 13:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

YETIの水筒、如何でしょうかw?!

クーラーボックスはちょっと高いので手が出しづらい感はありますが、

 

 

水筒なら他より高くても手が出しやすいのではないでしょうかねw?!

 

使ってみた感じでは保冷力がKlean Kanteen INSULATEDよりある気がします。

氷の溶け具合が前より持つようになった気がするので。

あ、でもちゃんと実験した訳ではないですけどねw。

性能もそうですが、ホンネは所有欲を満たす方のウエイトが多そうな気がします(笑)

まあ、日々の生活の中ではそれも重要な要素ではありますけどねw。

- スポンサーリンク -

星屋はちの「家族でキャンプはじめました」





にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




その先の絶景のバナー

菅沼でカヤックのパドルで泥遊び Canon EOS M6 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM, 1/4000, F2, ISO100, 29mm

霧ヶ峰スキー場の夏のリフト Canon EOS M6 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM, 1/4000, F2.5, ISO100, 18mm

ふもとっぱらでダイヤモンド富士待ち Canon EOS M6 SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, 1/200, F8, ISO1250


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
taku-c

taku-c

2015年春に初キャンプに連れて行ってもらい… 秋にテント買って… 翌年カヤック買って… 娘とかみさんと家族3人のんびり?! 道具の自作もちょいちょい?! 少しづつですがアウトドア始めましたw。 キャンプなどのアウトドア情報、体験談などのんびり書いてみようと思ってまーす。

-クーラー / ジャグ / 水筒

Copyright© のんびりアウトドア , 2019 All Rights Reserved.