サーマレストのZライトソルのレギュラーの開封レポ

寝袋 / コット / マット

クローズドセルおすすめマット!サーマレストZライトソルとNEMO

投稿日:

クローズドセルと言えばサーマレスト?!

実績と安心のあるサーマレストのZライトソルを買ってみました。

前に買っていたNEMOのクローズドセル、スイッチバックとの比較もしてみますっ

では早速っ!


 

クローズドセルの定番と言えばサーマレストのZライトソル

クローズドセルと言えば登山用マットって感じですかね。

そのクローズドセルの中でも定番なのがこちらサーマレストのZライトソル。

見た事ある方も多いのではないでしょうか。

 

うちはNEMOのクローズドセル、スイッチバックを1つ持ってます。

クローズドセルに革新!NEMOの寝袋マット、スイッチバック(SWITCHBACK)! でレポしてますが、NEMOが革新と言うだけあるクローズドセルです。

NEMOの寝袋マットSWITCHBACKのロゴ

 

これは試しに買ってみたクローズドセルのマットで、3月上旬のふもとっぱらにダイヤモンド富士を撮りに行ったキャンプ「ダイヤモンド富士を求めてふもとっぱらへ!- 前編 -」でも使用しています。

3月の富士山麓はやっぱり寒くて朝にはテントに霜が降りてましたがNEMOのスイッチバックがあったので底冷えなどは全然無く、寒くなかったです。

スノーピークのセル2の幕内ふもとっぱらの冬はテントも凍る

 

まず1つ買ってみたクローズドセルが良かったので、今回は追加購入です。

家族3人なので同じの3つでもいいんですが、折角なのでそれぞれ違うマットにしてみようと思って、2つ目は定番サーマレストのクローズドセルから選んでみました。

 

サーマレストのクローズドセルのスペックです。
サイズ、重さをチェックしてみますっ

違いが良く分からなかったりするのでざっくり見てみました。

※スペックは各レギュラーサイズの値です。

 

先ずはZ系です。

Zライトソル(Z Lite Sol)

裏面に銀色のアルミが付いているZライト。

大きさ 51×183cm
重量 410g
厚さ 2cm
収納サイズ 51×13×14cm
R値 2.6

 

Zライト(Z Lite)

裏面に銀色のアルミの無いZライト。

コヨーテの色が良いですよねw。

大きさ 51×183cm
重量 410g
厚さ 2cm
収納サイズ 51×13×14cm
R値 2.2

 

Zシールド(Z-Shield)

Zライトより10cm幅広で、Zライトより半分の厚みで、厚さ1cm。

大きさ 61×183cm
重量 450g
厚さ 1cm
収納サイズ 61×13×14cm
R値 1.5

 

続いてはクラシックなタイプになるんでしょうか、リッジレスト系です。

Z系はパタパタ畳んで四角になるんですが、リッジレスト系はクルクル丸めるタイプになります。

 

リッジレスト ソーライト(RidgeRest Solite)

裏面に銀色ののアルミが付いているリッジレスト

大きさ 51×183cm
重量 400g
厚さ 1.5cm
収納サイズ 51×20cm
R値 2.8

 

リッジレスト ソーラー(RidgeRest Solar)

裏面に銀色ののアルミが付いているリッジレストだけど、ソーライトより厚目です。

大きさ 51×183cm
重量 540g
厚さ 2cm
収納サイズ 51×24cm
R値 3.5

 

リッジレスト クラシック(RidgeRest Classic)

銀色ののアルミ無しのスタンダードタイプで、ソーライトと同じ厚みです。

大きさ 51×183cm
重量 400g
厚さ 1.5cm
収納サイズ 51×20cm
R値 2.6

 

なるほど、色々とありますなぁ。

一番R値が高いリッジレスト ソーラーが気になったんですが、丸めるタイプは四角く畳むタイプより収納サイズが嵩張るんですよね。

なので定番ではありますが、それだけ実績の高いZライトソルにしてみました。

今回は冒険はなしで堅くいきます(笑)

 

お馴染みサーマレストのZライトソル

ブログやってると写真撮らないと、と思っちゃうので商品が届いてもその場で開けれないのが悩ましい(笑)

開封を我慢して天気が良い日を見計らって開封レポに挑みましたw。

 

パッケージ

先ずはパッケージから。

でっかくブランド名のTHERMA-REST。

サーマレストのZライトソルのレギュラーの開封レポ

 

英文で商品説明もあります。

サーマレストのZライトソルのレギュラーのパッケージ

 

側面にも英文での商品説明。

サーマレストのZライトソルのレギュラーのパッケージ

 

全体像

早速、開けて広げてみました。

サーマレストのZライトソルのレギュラーの外観

 

この凸凹がクッションと断熱に役にたってるのかなw

サーマレストのZライトソルのレギュラーの表面

 

裏面は銀色でアルミを蒸着させてます。

サーマレストのZライトソルのレギュラーの裏側サーマレストのZライトソルのレギュラーの裏側

 

端っこには THERMA-REST Z-LITE のロゴもありますね。

サーマレストのZライトソルのレギュラーのロゴ

 

収納時

収納時です。

開いちゃうので石載せてます(笑)

サーマレストのZライトソルのレギュラーの畳んだ状態

 

横からも。

凸凹がピッタリ隙間が無く畳むことが出来ます。

サーマレストのZライトソルのレギュラーの畳んだ状態

 

NEMOスイッチバックと比較してみましょう!

折角なのでNEMOのスイッチバックと比較です。

 

まずは横に並べてみます。

厚みで0.3mmNEMOスイッチバックの方が厚いですが、見た目同じですねw。

カタログスペックでの比較は クローズドセルに革新!NEMOの寝袋マット、スイッチバック(SWITCHBACK)! で比較しているので見てみて下さい。

サーマレストのZライトソルのレギュラーとNEMOのスイッチバックの比較

 

寝た感じは、NEMOスイッチバックの方が若干柔らかく感じます。

サーマレストのZライトソルの方が硬めですね。

もちろん両方とも地面の硬さを吸収して寝心地は問題ありません。

自分の好みはNEMOスイッチバックの方がより柔らかく感じたので好きかなw

裏面のアルミ蒸着と凸凹があるからだと思うんですが、寝てすぐわかるマットの暖かい感じ。

これはNEMOスイッチバック、サーマレストのZライトソル、両方とも同じ感じで差が感じられなかったです。

 

サーマレストのZライトソル、如何でしたでしょうか

NEMOスイッチバックとサーマレストのZライトソル。

ほぼ同じ感じですw。

定番のサーマレストのZライトソルにするか、後発のNEMOスイッチバックにするか。

どちらを選んでも問題無し!、好みの問題ですかね(笑)

サーマレストのZライトソルのレギュラーとNEMOのSWITCHBACKの比較

 

- スポンサーリンク -

星屋はちの「家族でキャンプはじめました」





にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ




その先の絶景のバナー

菅沼でカヤックのパドルで泥遊び Canon EOS M6 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM, 1/4000, F2, ISO100, 29mm

霧ヶ峰スキー場の夏のリフト Canon EOS M6 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM, 1/4000, F2.5, ISO100, 18mm

ふもとっぱらでダイヤモンド富士待ち Canon EOS M6 SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, 1/200, F8, ISO1250


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
taku-c

taku-c

2015年春に初キャンプに連れて行ってもらい… 秋にテント買って… 翌年カヤック買って… 娘とかみさんと家族3人のんびり?! 道具の自作もちょいちょい?! 少しづつですがアウトドア始めましたw。 キャンプなどのアウトドア情報、体験談などのんびり書いてみようと思ってまーす。

-寝袋 / コット / マット

Copyright© のんびりアウトドア , 2019 All Rights Reserved.