NorthEagleコットンワンポール300の設営時

テント/タープ

比類なき名品?!North Eagle コットンワンポールテント300の実力。

投稿日:2018年6月17日 更新日:

隠れた名品?!

North Eagleのコットンワンポールテント300。

結構な実力の持ち主?!

かもしれません(笑)。

では早速っ!


 

初めて買ったテント。

North Eagle コットンワンポールテント300。

 

筆者が初めて買ったテントなんです。

キャンプを1回しか行ったことがなく、テントもよく知らなかった時に、

かみさんの

かみさん
テントはティピがいい。

 

の一言で色々と調べて買ったのを覚えています。

 

この『North Eagle コットンワンポールテント300』の記事を書こう、書こうと思っていたのですが中々進まず、写真を見返していたらテントの写真も大分そろったので記事としてみました。

それと、気になる事もあって。

これは後ほど。

 

なんでNorth Eagle コットンワンポールテント300にしたのか?!

色々と悩んだんですよねぇ。

ティピがいいって言われても良く分からんかったし。

 

NORDISKは見ました。

でも初心者には高すぎる(汗)

 

ロゴスも見たなぁ。

でもちょっと可愛すぎから。

こっからオッサンが出てくるイメージは無いでしょw。

 

オガワも見ましたね。

カッコいいけど、やっぱり素人にはハードルが。。。

 

そこで惹かれたのがNorth Eagleだったんですよね。

普通の300か、

 

コットンの300か、

 

でっかい420か、

 

ちょっと変わったワンポールか。

 

結局、コットンの300にしたんですけど、

決め手はやっぱりインナーが「コットン」ってとこかな。

 

コットンは結露が付かない、付きづらいらしいってので。

キャンプで結露を経験した事がない癖にね(笑)

 

他にも良いと思ったところがあるのでちょっと書きますね。

 

North Eagle コットンワンポールテント300の良いところっ!

今でもNorth Eagleのコットンワンポールはお気に入りですw。

良いとこありますよw。

順番に行きますね。

 

1.フロアーが凄い!。

雨降った時にテントの床が雨水で染みたらヤダなって。

North Eagleのコットンワンポールのフロアは安心の素材です!。

他のテントと比較しながらいきますね。

新旧交えて比較してみましょう。

比較対象はこちら!。

 

そうそうたる顔ぶれですねw。

フロアの素材と耐水圧を表にしてみました。

素材 耐水圧
Coleman
エクスカーションティピ
75Dポリエステルタフタ
(PU防水、シームシール)
1,500mm
North Eagle
コットンワンポール
ターポリン  -
snow peak
アメニティドーム
210Dポリエステルオックス・
PUコーティング
1,800mm
OGAWA CAMPAL
ピルツ9-DX
ポリエステル210d 1,800mm
HILLEBERG
ケロン4 GT
100デニールナイロン 7,000mm

 

流石のヒルバーグですねw。

ダントツの耐水圧7,000mm

あまり見ない数字です(笑)

 

気になるNorth Eagleのコットンワンポールは。。。

『 - 』にしました。

どういう事かと言うと、

ズバリっ『無敵』です(笑)

 

ちょっと乱暴な表現ですけど、あながち間違いでもないと思っていますw。

何故かというと、それは『ターポリン』と言うフロアの素材。

ポリエステル系の生地に軟質塩化ビニールの合成樹脂で作られた薄いフィルムを挟み込むように仕上げたのがターポリンです。
引用:ターポリンとはどんな素材ですか?

横断幕や仮設テント、建築現場の養生シートに使われているそうです。

 

アウトドアで馴染みがありそうなアイテムでいくとこちら。

 

ドライバッグやウェットスーツ入れに使われているって事は、そう、完全防水なのである。

ビニールコーティングされてますからねw。

耐水圧どうこうの話しは論外なのであります(笑)

雨が降ってもドライバッグの中で寝てると思える安心感。

他では味わえません(笑)。

 

2.以外にフライも凄いw。

ついでにフライも比較してみましょうか。

何気にフライも凄いんですよw。

素材 耐水圧
Coleman
エクスカーションティピ
75Dポリエステルタフタ
(UVPRO、PU防水、シームシール)
1,500mm
North Eagle
コットンワンポール
75Dポリエステルリップストップ 3,000mm
snow peak
アメニティドーム
75Dポリエステルタフタ・
PUコーティング
1,800mm
OGAWA CAMPAL
ピルツ9-DX
ポリエステルリップストップ75d 1,800mm
HILLEBERG
ケロン4 GT
40デニールリップストップナイロン 3,000mm

 

どうですか?!

なんとヒルバーグとNorth Eagleコットンワンポールが並んで1位

ま、あくまでもメーカーのカタログスペックのみでの話しですけど、

それでもこの数値って良いでしょ?!(笑)

 

3.値段がこれまた凄いっ。

販売されていた時期にもよりますので、なんとなくで、見て頂けるとw。

販売店 価格
Coleman
エクスカーションティピ
Amazon
2018/06/15
16,580円
North Eagle
コットンワンポール
ムラウチドットコム
2015/09/19
20,250円
snow peak
アメニティドーム
Amazon
2018/06/15
35,424円
OGAWA CAMPAL
ピルツ9-DX
Amazon
2018/06/15
77,971円
HILLEBERG
ケロン4 GT
Amazon
2018/06/15
195,000円

 

Colemanのエクスカーションティピ安いっすねw。

この価格で見た目も良いエクスカーションティピが買えるんだから素晴らしいっす。

そして、North Eagleのコットンワンポールは1位にはなれませんでしたが、それでも2位ですからねw。

あれだけのスペックで2万円って凄くないですか?!(笑)

 

まとめてみると。。。

こんな感じになりました!。

フロア フライ 価格
Coleman
エクスカーションティピ
1,500mm 1,500mm 16,580円
North Eagle
コットンワンポール
 無敵 3,000mm 20,250円
snow peak
アメニティドーム
1,800mm 1,800mm 35,424円
OGAWA CAMPAL
ピルツ9-DX
1,800mm 1,800mm 77,971円
HILLEBERG
ケロン4 GT
7,000mm 3,000mm 195,000円

 

これだけ見るとあのヒルバーグのBLACK LABELにも負けず劣らず?!

そして値段が1/10?!(笑)

 

何が凄いってホントに一番惹かれたのは、

このコットンワンポールを企画・販売したNorth Egnathさん。

フロア全体がターポリンでフライも悪くなく、インナーがコットンであの値段ってw。

原価ですか?!。

フロアがターポリンのテントを探してみたんですが見つからなかったです(笑)

 

ある意味、やり過ぎ的な感じなのかなw。

チャレンジ精神に感服いしますw。

あ、湿地帯や、浅瀬に張れる唯一のテントなのかもしれません。

褒め過ぎかな(笑)

 

冗談も交え、色々と書いてみましたが、

実際にどんなテントか見てみましょうか。

 

これがNorth Eagle コットンワンポールテント300です!。

簡単にスペックから。

材質 フライシート:75Dポリエステルリップストップ(耐水圧3000mm)
インナー:T/C
フロア:ターポリン
ポール:径25mmスチール
付属品 プラペグ16本、自在付ロープ8本、ハンマー1個、収納ケース
本体サイズ 約330×330×高さ270cm
インナーサイズ 約300×300×高さ240cm
収納サイズ 約27×27×71cm
重量 約12.5kg
お勧め使用人数 4人用

NorthEagleコットンワンポール300の設営時

 

大きさ的にこんな感じです。

直径3mぐらい。

NorthEagleコットンワンポール300の説明引用:North Eagle コットンワンポール 300

 

これが噂のターポリンのフロアです。

ちょっと光ってビニールコーティングされてるのが分かりますかね?!

親沢公園キャンプ場でテントを張る

 

畳んだところです。

ノースイーグルのコットンワンポール300の撤収風景

 

裏側ですが、ドライバッグみたいな生地なのが分かりますよね。

NorthEagleコットンワンポール300のターポリンのフロア

 

コットンインナーです。

天井部分は大きくベンチレーターが4つ。

NorthEagleコットンワンポール300のインナー
引用:North Eagle コットンワンポール 300

 

細かい部分見てみましょう。

フロアの固定のストラップです。

NorthEagleコットンワンポール300のサイドロープ

 

メインのポールはスチール製。

NorthEagleコットンワンポール300のセンターポール

 

収納時の大きさはこんな感じ。

田代運動公園でデイキャンプをする為の荷物

 

ワンポールで直径3mの割に大き目の収納なんじゃないかなぁ。

フロア全部がターポリンなので重いし(汗)。

NorthEagleコットンワンポール300の収納時

 

収納袋はキツキツです(汗)

テントとポールが入ります。

NorthEagleコットンワンポール300の収納時

 

テントをまとめてるのはモンベルのラダーロックストラップ25mm×120cm。

キッチリ畳まないと袋に入らないのでこれで留めてます。

NorthEagleコットンワンポール300の収納時

 

ついでに設営時の時も。

ペグはエリッゼステーク28cmです。

相模原市朝溝公園でノースイーグルコットンワンポールを張ってみる

 

テント内のシートは専用品のサークルマルチシート

専用品なので大きさ的にピッタリです。

本体サイズ 約295×295×0.3cm
収納サイズ 約φ30×63cm
重量 約2.4kg
素材 表面:ポリエステル
裏面:ポリエステルPVCコーティング
中:発砲PE

親沢公園キャンプ場でテントを張る

 

ちょっと薄いのでこれで寝たら痛くないとかではないですね。

ノールイーグルのコットンワンポールの中敷き

 

 

専用シートだけでは寒いので、銀シートを。

ノールイーグルのコットンワンポールの中敷きに銀シート

 

コールマンのレジャーシートを敷く事もあります。

ちょっと小さいっす(汗)

親沢公園キャンプ場でテントの設営中

 

セミダブルのエアーベッドも入るし、

ノースイーグルのコットンワンポール300にLOGOSのエアーベットとサンエムストーブを入れてみる

 

もちろんコットも。

ノースイーグルのコットンワンポール300にLOGOSのエアーベットとサンエムストーブとドッペルのコットを入れてみる

 

ちょっと狭いですが、サンエムも入れることも出来ますよw。

ノースイーグルのコットンワンポール300にLOGOSのエアーベットとサンエムストーブとドッペルのコットを入れてみる

 

入り口は2カ所。

ちょっと分かりづらいかもですけど、入り口は前後の2カ所です。

写真は無いですが、インナーを使わずにシェルターとしても使う事が出来ますよ。

入り口2カ所なので薪ストのインも出来そうですねw。

田代運動公園でデイキャンプの準備

 

前室だって?!(笑)

コールマンジョイントフラップフォーリッジドームで無理やり全室を作ってみた事も(笑)

2017益子陶器市の宿泊先のオートキャンプ那珂川ステーションで設営

 

 

色んなキャンプ場で使いました。

キャンプ2回目の『大房岬キャンプ場』。

大房岬キャンプ場で設営

 

彩湖でカヤックデイキャンプでも。

彩湖・道満グリーンパークでBBQをする

 

2016年秋の益子陶器市キャンプ。

オートキャンプ那珂川ステーションに設営

 

2017年春の益子陶器市キャンプ。

2017益子陶器市の宿泊先のオートキャンプ那珂川ステーションで設営

 

菅沼キャンプ村での完全ボッチキャンプもNorth Eagleのコットンワンポールでした。

菅沼キャンプ村でノースイーグルのコットンワンポールテントを設営

 

他にもあるかもなぁ。

見返すと色んなところで使ってますね。

最近はNorth Eagleでもオクタゴンにカンガルースタイルだったから、たまには使かわないとね。

 

7月には久しぶりにソロに行く予定なのでシェルターとして使おうと思いますw。

ちなみにこのNorth Eagle コットンワンポールテント300ですが、

残念ながら結構前に廃盤となっています。

伝説となってしまいました。。。(涙)

 

コットンインナーのテントはコットンドーム300っていう紛らわしい名前のテントが出てます(笑)

レビューは良さげですが、フロアはターポリンではありません。

 

 

あ、冒頭で書いた気になる事。

最近North EagleさんのHPがエラーで見れないんですよね。。。

ギアが見れないので、早く治りますように。

※ご連絡頂ければ直すお手伝いいたしますよw。

North Eagle HP



にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
taku-c

taku-c

2015年春に初キャンプに連れて行ってもらい… 秋にテント買って… 翌年カヤック買って… 娘とかみさんと家族3人のんびり?! 道具の自作もちょいちょい?! 少しづつですがアウトドア始めましたw。 キャンプなどのアウトドア情報、体験談などのんびり書いてみようと思ってまーす。

-テント/タープ
-

Copyright© のんびりアウトドア , 2018 All Rights Reserved.