到着!チョッパープロトタイプの開封の儀♫

新保製作所のチョッパープロトタイプに煙突を付けてみました。
Pocket

新保製作所の薪ストーブ

『チョッパープロトタイプ』が到着しました!。

どんなのか楽しみ、開けてみましょう(笑)

では早速っ!


 

薪ストーブの準備

 

 

「ピンポーン、宅急便でーす。」

はい、はい、今行きますっ。

って事で到着しました、『チョッパープロトタイプ』。

去年、検討を始めてようやく我が家に到着しました。

 

じゃ、開けますね。

おー、新聞紙をクッションにしてその下に『チョッパープロトタイプ』がビニール袋に包まれています。

新保製作所のチョッパープロトタイプが到着

 

取り出すと。。。

この通り♫、感動ですねぇ。

思った通りのサイズ感。

重さもそんなにではないかも。

新保製作所のチョッパープロトタイプ

 

燃焼室の扉を開けるとL字の煙突とかがこれまた新聞紙に包まれていました。

そして、それらを取り出したところです。

新保製作所のチョッパープロトタイプの前蓋を開けたところ

 

燃焼室内

あまりこんなところ写真に撮る人はいないのかな?!

検討している段階では見た事が無い光景ですw。

新保製作所のチョッパープロトタイプの燃焼室

 

各面に窓がw。

窓の周りや壁にスポット溶接の跡が。

窓が取り外せるようにネジも。

しっかりした作りになっていますね。

新保製作所のチョッパープロトタイプの燃焼室

 

横面の窓は大き目です。

ここから炎が見えるのかぁ~w。

新保製作所のチョッパープロトタイプの燃焼室

 

煙突差込口下の火止め

こんなのが入っていました。

煙突内に行く炎を防ぐ為の『火止め』です。

煙突差込口下には火止めがついていて、直接、煙突に火や火の粉がいかないしくみになっています。
火止めのお取替え用は今期秋以降販売予定です。
引用:新保製作所HPの『チョッパープロトタイプ

との事。

新保製作所のチョッパープロトタイプの火止め

 

右上の煙突のところに刺さります。

こんな感じかなぁ~?!

新保製作所のチョッパープロトタイプに火止めをつけたところ

 

気になる奥行を測ってみましょう。

左奥斜め上からの長さは「49cmぐらい

おー、思ってたより全然奥行がある。

これなら40cmクラスの薪でも大丈夫なんじゃないかなぁ。

新保製作所のチョッパープロトタイプの燃焼室の奥行き

 

続きまして、正面から真っ直ぐに奥まで。

こちらは「37cmぐらい」ですかね。

これは新保製作所HPの『チョッパープロトタイプ』のページに書かれていた。

最大37センチの薪が入ります!
引用:新保製作所HPの『チョッパープロトタイプ

と一致します。

真っ直ぐ薪を入れると40cmクラスの薪はちょっと厳しいですね。

でも想定通り。

新保製作所のチョッパープロトタイプの燃焼室の奥行き

 

最後に右奥斜め上からの長さですが「48cmぐらい

40cmクラスの薪はやっぱり斜めに入れるだね。

新保製作所のチョッパープロトタイプの燃焼室の奥行き

 

薪ってみなさんどこで仕入れてるんでしょうね?!

行った先のキャンプ場なのかなぁ?!

これぐらいの長さは大丈夫ですね。

 

このぐらいも行けそうかな。

 

これだと入らんだろうなぁ~

 

薪確保も考えないと。。。

 

外見もちょっと。

正面

新保製作所のチョッパープロトタイプ

 

 

斜め後ろからw。

新保製作所のチョッパープロトタイプ

 

ついでに天板にある蓋を外して見てみるw。

新保製作所のチョッパープロトタイプの天板を外したところ

 

下からの高さは。

7cmぐらいでしょうか。

ちょっとこのままでは地面が焼けちゃいそうなので上げないとです。

足には延長用の足を固定する穴が開いてます。

どうやって上げようかなぁ?!

足を付けるか、レンガとかを足の下に置くか。。。

それとも上げなくても焼けないのかなぁ?!、後で新保製作所に聞いてみようw。

新保製作所のチョッパープロトタイプの足の高さ

 

煙突付けるぞ~

元々の煙突サイズは106mmですが、

アウトドア用煙突80mmで使いたいので煙突径を変える異径レジューサー(アダプター)を付けてからアウトドア用煙突を付けていきます。

新保製作所のチョッパープロトタイプに煙突を付けてみました。

 

部屋では煙突が長くて狭いので外へ。

新保製作所のチョッパープロトタイプの外での雰囲気

 

煙突が付きました!。

いいですねぇ~

今日は時間が無いので火入れはまた今度ですね。

あー、火入れしたい(笑)

新保製作所のチョッパープロトタイプの外での雰囲気

 

 



にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ


『この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

10件のコメント

  1. おはようございます。

    ついに入手されましたか。
    黒くて、これぞ「薪ストーブ」というデザインですね。羨ましい。

    次は、これを運用できる「新幕」が必要ですね。

    私も来シーズンに向けて、早々と買っちゃおうかな(笑)

    1. Egnathさん

      コメントありがとう御座います~!

      まずは薪スト到着って感じですかw。

      そして仰る通り、「幕」ですよねぇ~
      これに関しては後ほどw

      早めにいっちゃた方がいいような気がします。
      もちろん欠品問題もありますが、届いても運用開始までにやらなきゃいけない事が消化出来るか?!
      ってのもありますからねぇ~

      収納、幕除けはゆっくり検討したかったのでw。

      話が変わりますが薪ストって「エンジン」って感じがしますよねw
      エンジンと煙突がマフラー(笑)

  2. こんにちは。
    とうとう来ましたね。薪ストーブ。
    燃焼室の容積があるので暖かそうです。

    「火止め」の性能が気になります。
    構造の見た目の感じだと、火止め部分で火の粉をかなり叩いてくれそうです。
    でも、ワイドな隙間がそれなりにあるので通過する火の粉もありそう・・。
    大きい火の粉が1個でも通過するとナイロン幕は確実に穴が開くので、運用前の試験が必要ですね。
    場合によっては煙突の先端にガードを付ける必要がありそうです。

    1. zero21keiさん

      コメントありがとう御座います~!

      そこそこ薪が入りそうですよね?!
      使うのが楽しみですw。

      なるほど~、火止めの性能ですかぁ~
      Fb.ストーブでいうところの「中子パーツ」ですかね。
      これに関しては全く気にしてなかったです。

      自前で付けるのもありですね。
      Fbストーブみたくステンのパンチ材かステンのメッシュでもいいなぁ。
      出口付近でやるなら手前でやっときたいですね。
      ※Fbストーブは色々と参考にさせて頂いてますw。

      幕に穴はショック過ぎるw!

      1. いままで、色々な薪ストーブユーザーとお話して、一番多い失敗は「幕に穴」です。
        割と火の粉に強いという「コットン」でもストーブによってはガンガン穴開きます。

        特に薪ストーブの性能が良くて、燃焼温度が上がるほど「ドラフト効果」が強くなって重い火の粉も煙突から飛び出してしまいます。

        ちなみに「黒い煙がモクモク」の時はまだ温度が上がってないので、ドラフトも弱いです。
        しっかり熾火が出来て、ストーブの熱が上がって、黒い煙が出なくなると、火の粉が飛び散るようになります。

        1. zero21keiさん

          コメントありがとう御座います~!

          なるほど!、これは入口付近と出口付近の両方でやっときたいですねぇ
          適度な目のメッシュかなぁ~
          排気のブレーキになり過ぎも気を付けないといけないしなぁ。
          ストーブからの距離によるのでしょうが「ドラフト効果」がどんなものなのか分からないからやはり運用前試験したいですね。

          やっぱり運用前にやる事が結構ありますねぇ~!

  3. おぉ〜っ!

    なんか、かっちょいい薪ストーブですねっ!
    いや、かっちょいいというか雰囲気があるというか…インテリアとしてお家にあってもいい感じですね。

    ご近所だったら、コナラの薪が40/kgで手に入れられるところがあるんですけど(^_^;)

    暑くなってきましたが、まずは火入れですねw

    1. ediさん

      コメントありがとう御座います~!

      そうなんですよ、この雰囲気すごく好きですw。
      この薪ストにウイスキーって感じですかね(笑)
      ※飲めませんが(爆)

      コナラの薪が40/kgですか!、近所ならなぁ~
      羨ましいです。
      こっちも探すとあるのかなぁ?!

      近々火入れしてくる予定ですがこの時期に薪ストってねぇ?!
      真夏前には火入れしてきたいと思ってます(笑)

  4. おはようございます。
    新保製作所のブログに改良煙突の試作品の記事が出てました。
    http://www.maki-stove.jp//app/Blogarticlelist

    チョッパーで試験をしているようですが、やはり「中の火どめをすり抜け、火の粉がでやすい」と言っています。
    記事はその対策用の煙突トップの「火の粉止め」ですが、具合が良さそうですよ。

    1. zero21keiさん

      コメントありがとう御座います~!

      おー!、煙突トップと入れ子煙突の試作テスト!
      煙突情報ありがとう御座います!!!。

      「火の粉」問題は重要課題なんですね、色々と参考に対策を練らねばですね。

      そして、入れ子煙突なんて作ってるんですね(驚)
      自分が買った時は無かったから。。。
      煙突自体は一応買いましたが、色々検討中です。
      ※実は買った分では長さが足りないのでw。
      kさんもご存知のスタイルでいこうと思ってますw。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。